読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魅了のある男になるために

これは5年近く彼女がいない男の戦いの記録である

拡散だ

方針

広告

さてどうやってブログに人を集めるのか。

 

当面の課題はこれであることは間違いない。

アフィリエイトを使ってお金を稼ぐにも、女の子と知り合うにもみてもらわなきゃ始まらない。

 

見てもらうためにはどうするか、面白いコンテンツを作る。

それはある種、宿命であろう。これがなきゃどうしようもないし、見たいと思わせるものがなきゃ誰も見に来ない。

 

でも正直、自信はまったくない…

 

そもそも昔から文才があまりないし、面白い話をするのは得意ではなかった。

このインターネットの時代に皆に見えてもらえるものが単純に笑えるものであるはずはないので、何があろうかと考えてみたが、

全 く 何 も 思 い つ か な い

 

そこで考え方を変えてみることにした。

面白いコンテンツはある種、永遠の課題なので、これはこれで考え続けるとして、まず見てもらうためにはどうするか考えてみた。

 

やっぱり拡散だ!

 拡散とはSNSを使って友達などに情報を広げる行為。

ツイッターリツイートFacebookのいいね、シェアなど今の時代は気に入った記事や情報をみんなと共有する文化が出来上がっている。

 

つまりこれを使えば、いろんな情報を多くの人に見てもらえ、なおかつ検索エンジンなんかと違って、本人が受け身でも情報として入ってくる。

検索エンジンの流入は最適化やコンテンツの用意などに時間が掛かるが、拡散はそこをすっ飛ばすことが可能だ。

ここではtwitterにブログのURLを貼ってリツイートを狙っていこうと思う。(Facebookは実名での登録が必要なので現状の僕には合わない)

 

じゃあ誰に拡散してもらうのか

もちろん拡散は能動的に誰かにしてもらわなきゃ意味がない。

しかし現状、名前を伏せているのでtwitterのフォローはほとんどない。

また一般の人のリツイートも効果はあるが、地道に関係を深めていったり、面白い記事を書くことが必要だ。

 

今、僕に必要なのはいろんな人に拡散されて、記事がそんなに面白くなくてもいいことだ。

 

そう、つまり有名人に拡散してもらえばいいのだ!

 

当たり前だが有名人にフォローワーは多い。彼らに一回リツイートされれば、大きな効果があるはずだ。

 

しかし彼らがそう簡単に僕のツイートをするのか。

単純に日々の徒然を書いた日記ではその可能性は0に近い、彼らが僕をフォローするの可能性も低いし、ましてリツイートはもっと低い。

 

しかし有名人にフォローされなくてもリツイートされる手立てががる。

それは彼らの作品の感想を書き、リツイートしてもらうのだ。

 

あなたは見たことがないだろうか、小説を書いたり映画に出演した有名人が一般人の投稿をリツイートしているのを。

これは自分の作品の感想をリツイートして、販促につなげようとしている。つまり宣伝活動の一種だ。

有名人はタグや作品名から検索を行って感想が書かれたツイートをリツイートしている。

これを利用し、作品の感想をツイートしまくって拡散を狙っていこうとする。

 

最後に補足として書くが僕は効率よく愛や金を得る手段を模索するが決してモラルに反した投稿や行為は行わないように気をつけていきたいと思う。

そのため、作品への感想もあくまで人を不快にさせないように書いていこうと思う。

 

ということで続く